手軽な美容整形の一種

看護師

短時間で行える施術

美容整形には色々な種類のものがありますが、その中でもボトックス注射に関しましては短時間で行える手軽な施術の一つでもあります。ボトックスという名前自体は聞いたことがある人が多いかもしれませんが、実際にその効能や効果を認識している人は少ないかもしれません。特に美容に興味のない人の場合はどのような目的で行うのかが分からないケースも珍しくありません。ボトックスは医療現場でも使用されている成分です。多汗症や痙攣などの治療に用いられていたのですが、筋肉を委縮させる効果があることから、美容目的でも使用されるようになりました。美容目的として使用する場合は、若返りや小顔、痩身目的で用いるケースがほとんどです。注入することによって永久的に状態が維持できるわけではなく、一定期間を経ると効果が段々と薄れてきます。従って、状態を維持させるためにはメンテナンスを行う必要があるのです。目的や用途によって注入量や頻度が異なりますが、大体半年に一度程度注入することによって状態を保つことが出来るとされています。しわ軽減目的の場合は繰り返し行う必要があるのですが、小顔や痩身目的の場合は数回繰り返して注入することによって状態が定着することが多いでしょう。ボトックスを初めて利用する場合はメンテナンスについても最初に把握しておくことをおすすめします。例えば二重の整形の場合は一度施術を行うことによって半永久的に状態を維持することが可能です。しかしボトックスの場合は一度注入して完了という訳ではないのです。一時的に状態を変化させる目的で行う場合は一回の施術で終了して構いませんが、状態を長く維持したいのならばメンテナンスが必要となります。表情筋の動きが原因でしわが目立つ場合はボトックスを注入して筋肉にアプローチすることでしわを目立たなくさせることができます。しかし、その状態は半年程度で元に戻ります。従って、半年に一度程度のメンテナンスが必須になるのです。小顔目的でエラ部分に注入する場合は五回前後注入を繰り返せば定着する確率が上がります。痩身目的で行う場合も同様です。定着につきましては個人差がありますから医師と相談の元、どれくらいの頻度で注入するのかを決めましょう。ボトックスの種類によっても効果の継続期間が異なりますので注意が必要です。美容外科で使用されているボトックスはそれぞれ異なりますし、効果にも差が生じますのであらかじめ比較したほうが安心です。まずはカウンセリングを受けることから始めてみましょう。